鎌倉太郎の野望4

鎌倉太郎の野望

 

鎌倉太郎の活動を通じて親子の外遊びをオススメします。それも赤ちゃんから低学年くらいまで。子供を遊んでやるというより、親が真剣に遊ぶ姿を子供に見せる。親の遊びに入れてやると言ったスタイルがベストだと鎌倉太郎は考えます。

理由はいくつかあります。

子供の自己肯定感を植え付ける。

最初の敵わない相手になることで親が負けることを教え挫折しない心を育てる。

強いおやの姿を見せることでしつけがつく。

 

私の子育てのこだわりは、手加減しないで徹底的に遊ぶことです。

このことにより子供は親と一緒に本気で遊ぶこと、自分と一緒に楽しそうに遊んでいる親の姿を見ることで、自分自身が認められていることに確信が持て自己肯定感が植えつき、自信ややる気につながる。

 

手加減されて勝つ遊びや競争は最初は面白いが、直ぐに飽きてつまらない。徹底的に負かすことではなく、負けることも時にはあるということを親がしっかり教える。親に負けてもたいしたキズは負わない。初めて負けた相手が、同じくらいの子だとかなりキズつくこともある。負けることを受け入れることのできる心を育てる。そして「くそっ」「ちくしょう」と思えるガッツを育てる。

 

遊びの中でしっかり親と子の力関係を示す。甘やかされている子供は親より自分の方が上だど思っている、何でも言うことを聞いてもらえると思うようになりしつけがつかなくなる。鎌倉太郎は今の子供たちに絶対的にしつけが足りないと思っている。

頭ごなしのしつけにしないために、親子関係にも外遊びがとても重要だと鎌倉太郎は考える。

 

 

時間も余裕もなかなかない子育て世代、外遊びの仕方も分からなくなってきている現代。ぜひ鎌倉太郎の活動を参考にして親子で遊んで欲しい。一緒に参加して覚えて欲しい。時に預けて子育てのゆとりを持ってほしい。

 

鎌倉太郎の最大の野望は、鎌倉太郎の活動を通じて今の子供たちが親との関係作りや遊び方、楽しさを経験したことが、自分の子供が出来た時に同じような経験をさせてやれる良い子育ての永遠に続くサイクルを作ることです。

 

これをわが町鎌倉から発信していきたい。

 

NPO法人外遊び子育てサポート 鎌倉太郎 の野望と活動趣旨に賛同頂ける方、団体、企業、行政、ぜひとも鎌倉太郎にお力をお貸しください。意義ある活動に致します。

 

賛同者様、どうかよろしくお願い致します。ご連絡お待ちしております。

 

 

NPO法人外遊び子育てサポート鎌倉太郎 代表理事 山田肇


Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA