鎌倉太郎、ななめな人のとつながり方!

先日、あるお母さんからこんな相談を受けました。

子どもが先生に他人とコミニュケーション能力に少し劣ると言うことでした。鎌倉太郎とその子は信頼関係のある間柄です。
最近では、昔とは違いうかつに他人とコミニュケーションをとることも少し考えなくてはならない世の中ですが、大人になるまでに人間の能力としてコミニュケーション能力は重要です。

両親、学校の先生以外の他人の大人、ななめのつながりの大人とのコミニュケーションが不足しているのではないかと思います。
子どもが鎌倉太郎の活動から帰ると少したくましくなった言ってもらえました。

鎌倉太郎とななめのつながりとなり、鎌倉太郎の活動に参加する始めて顔を合わせる子どもたち同士とのコミニュケーションで少しずつ身につけて行ってもらえればと思います。

自分ワールドもとても大切です。でも大人になってから、独り立ちしてから付けようと思っても、今多くの方が悩んでいるように難しい能力です。子どものうち外遊びを通じて大切な能力を身につけましょう。

鎌倉太郎、心身ともにたくましい子どもの成長をサポート致します。

DSCF2573


Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA