楽しい休日、海タナゴ釣り

鎌倉太郎、久しぶりの休日。
春はマダイののっこみ、デカアオリイカのエギングがお楽しみでしたが、この余震の中、ゴムボートで釣りをするのも怖いので
チビの保育園をお休みにして2人で、これも季節物の海タナゴを狙いに行きました。
コマセまき
チビの仕事はコマセまきです。チビがコマセを準備している間に、仕掛けを作る。
海タナゴはこの時期お腹に子供を抱えている。残酷だけど親は煮つけ、子は唐揚げが最高。さらに良く引くので釣味も最高。
本気モード
釣りは魚と真剣勝負。のはずが自分との闘いでした。
お祭り野郎
そうなることは、うすうす分かっていたのですが、当然チビも竿を持ちたがります。男の子なら釣りぐらい出来ないといけない。
興味を持ってやっているので「ぐっ」と我慢しました。このチビ、一人お祭り野郎で何回お祭りを解いたかことか。
そんなチビも1時間もすれば飽きるので、またコマセ係です。その後コマセがなくなるまでやりましたが釣れたのはクサフグだけでした。
フグ
子供にフグはうけがいいので、まあ楽しい釣りでした。チビはひっきりなしにフグを膨らましたり鳴かせたりして大喜び。
フグが死んでしまう前にリリースしました。 おわり釣り


tagged: ,

関連する記事

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA