鎌倉太郎はホニャララ教育です。

あそび先日、テレビで特集していた「天才キッズ」の番組をみました。
就学前の子供たちが、英語でスピーチしたり、絶対音感、見事なバク転など確かに天才でした。
親としては、うちの子が天才キッズになれたらな~と思うのは当然のことだと思います。
そして、こういう教育を幼児教育と言うそうです。
幼児教育で調べてみると、難しい説明がされていて最後まで読む気にならかった。
すると別の番組で最新の幼児教育とは実は「遊ぶ」ことらしいのです。
鎌倉太郎は、「もしかして」と思いよく聞いていると、子供は遊びながら、「想像力、コミュニケーション力、体力」を身につけるのだそうです。
鎌倉太郎は、「まさに」と思い、さらに幼児教育で一番大事なのは想像力、で遊びを通じて色々な経験しながら想像力が身につくそうです。
そうです、鎌倉太郎は幼児教育なのです。


Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA