サイエンスデイキャンプレポート!

くりの木倶楽部のけちゃっぷ先生とのコラボ企画、サイエンスデイキャンプレポートします!

内容盛りだくさん、鎌倉太郎はコンロ作り、べっこう飴作り、目玉焼き、けちゃっぷ先生は、空気砲作り、アイスクリーム作り、グミ作り!

コンロ作りは、材木を測りのこぎりで4本切る。切った材木を十字に隙間を空けて、針金で固定。この材木に直接着火すると五徳コンロとなる。

そのコンロで鍋をかけ、砂糖水を煮詰めべっこう飴を作る予定でしたが、勢いよくコンロに火が着いたのですが、煙がでる。

鎌倉太郎は慣れているせいか特に煙が目にしみることまで予定していなかった。みんな鍋をコンロにかけながら、涙ポロポロ,鼻水ズルズルになってしまいました。出来あがる寸前、鍋を渡しキッチンペーパーの上に流し冷ます。上手く固まったこもいれば、固まらない子も、焦げで苦い子もさまざまでした。

目玉焼き作りは、サイエンスデイキャンプ恒例で、鎌倉太郎特製焼きそばの上に、自分で焼いた目玉焼きを乗せる。好みの硬さに焼き上げる。
上手に目玉焼きになる子、黄身が潰れちゃう子、スクランブルエッグなる子、さまざまで楽しい!

とにかく内容盛りだくさん、子どもたちは全員同じように全てが出来たわけでは無かったですが、成功したときの喜びを感じてくれたと思います。その様子ご覧ください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA