凛林の餃子教室に参加

今日は、鎌倉で有名な中華料理 凛林主催の餃子教室に参加させてもらいました。
凛林のオーナーとは、三女の保育園友達で、キャンプの幹事など一緒にやる大の仲良しです。
それに、鎌倉太郎の子育てについての良き理解者でいつもお世話になっています。
いつもは、オヤジギャグきついオヤジなのですが、今日はなぜだかかっこよく見えました。
まず、餃子の説明の前に、飾り包丁を披露。
飾り包丁
さすがです。
その後、餃子の包み方、焼き方を習い実際にやってみました。
包み方も、焼き方もすごく分かりやすく説明してくれたので、これなら俺でも楽勝だと思いました。
いざ皮を手にあんをのせて包むと、説明されたことが全然出来ない、あんなに簡単に見えたことが、
まったく出来ない。餃子の奥深さを知りました。
たまき

のどか

かなめ

この後少しこがしてしまったが、お待ちかねの「実食」。
「うまい、形はどうであれ、皮もあんも凛林オリジナル」
皮はもちもち、あんはジューシー最高でした。
きよちゃん

そして、餃子教室が終了して、いつもの仲良し組が集まっているのでせっかくだから海へ遊びに行こうと
提案しました。
一路みんなで海に向かい、これからは鎌倉太郎出番。
お母さん方の心配そうな顔を横目に見ないようにして、子供たちを水際へ誘いました。
濡れない海遊びなんて面白くない。鎌倉太郎流です。
楽しい1日でした。


tagged: ,

関連する記事

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA